2017年9月 4日

ヴァイオリンのマウロさんとピアノのまり子さんと、みんなでつくる「超名曲コンサート」を9月10日に開催します!

single50_images_01.jpg

「超名曲コンサート」とは!?

「超名曲コンサート」とは、誰もがきっと聴いたことのある名曲を、奏者とお客様みんなでつくるクラシックコンサートで、9月10日(日)に西宮市フレンテホールで開催されます。
コンサートの第1部は、ヴァイオリニストのマウロ・イウラートさんとピアニストの佐野まり子さんおすすめの超名曲を演奏。第2部では、皆さまのリクエストから選ばれた曲をお二人が演奏するという2部構成。
※リクエストは8月31日で締め切りました。

「超名曲コンサート」のプレイベントとして、お二人によるミニコンサートが西宮市役所1階で開催されました。

「超名曲コンサート」を市役所のロビーで体感

プレイベントとなるミニコンサートでは、どこかで耳にしたことのある選りすぐりの名曲を演奏。
マウロ・イウラートさん
ヴァイオリニストのマウロ・イウラートさん
佐野まり子さん
ピアニストの佐野まり子さん
市役所のロビーに響きわたる演奏をひと目見ようと約150名の方々が集まり、普段とは異なる雰囲気の西宮市役所となりました。
ミニコンサートで演奏された中でも、お二人がおすすめする楽曲の一部を動画で収録しました。ぜひお聴きください。

※当サイト内の文章・画像・動画等のコンテンツに関して無断転載及びダウンロード等の複製行為は禁止します。

「超名曲コンサート」は、オーディエンスと一緒に楽しむコンサート

マウロ・イウラートさんと佐野まり子さん
演奏後、今回のミニコンサートの感想や「超名曲コンサート」に向けての意気込みをお聞きしました。

佐野まり子さん:
西宮市役所でのミニコンサートでは子供から大人まで多くの方が立ち止まって聴いてくださり、クラシック音楽を自然な形で耳にしていただける機会が持てました。
「超名曲コンサート」では、クラシック音楽はこんなに楽しい!ということを生の演奏を聴いて感じてもらえればと思っています。
「思い出エッセイ」を通して皆さまの思い出をお聞かせいただくことで、その場を一緒に楽しめる喜びを感じながら、私たちも楽しく演奏したいと思います。

マウロ・イウラートさん:
演奏曲が半分決まっていて、もう半分は皆さまからのリクエストで作り上げる形のコンサートは、とても面白くいいアイデア。
最近は、クラシック音楽の世界ではオーディエンスとプレイヤーの距離感が遠いことが問題ではないかと考えています。
今回のコンサートは、すごくspontaneo スポンターネオ(伊)なコンサートです。spontaneo スポンターネオ(伊)とは、辞書では「自発的な、自然に起きる」というような意味ですが、考えて答えを出すのではなく、その場で感じた気持ちを表現するという意味も含まれています。
「思い出エッセイ」を通して、オーディエンスの皆さまもお互いにその場で浮かんだ感情の掛け合いを楽しんでいただけると思います。
皆さまも、心をオープンにしてその場を楽しむspontaneo スポンターネオ(伊)を、ぜひ一緒に楽しみましょう!

超名曲コンサート:チラシ


ヴァイオリンのマウロさんとピアノのまり子さんと、みんなでつくる超名曲コンサート in 西宮
NISHINOMIYA COMMONS編集部
  • はてなブックマーク
  • LINE(ライン)
関連記事