2017年11月 1日

気分はタイタニック!浜甲子園運動公園の大きな船の遊具でワクワク冒険気分に!

浜甲子園運動公園の遊具
浜甲子園運動公園

遊具の種類や数が豊富なので、兄弟や姉妹で訪れても楽しめる!

阪神甲子園駅の南側、海沿いに位置する浜甲子園運動公園。帆船をモチーフにした巨大遊具があることから、別名『船の公園』と呼ばれています。
広い砂場の中央に設置された大きな帆船をモチーフにした遊具は、船底からマストまでおおよそ3階建ての構造です。 1階の船底部分はジャングルジムになっており、ほの暗い空間でさながら探検気分に。
浜甲子園運動公園 浜甲子園運動公園
2階の甲板部分からは2種類の滑り台が地上に向かって伸びていて、滑り台が大好きな子どもたちは繰り返し何度も滑り降りていました。さらに船首に行けばタイタニックごっこも! そして3階のマスト部分は、登ると公園内が一望できる上、浜からの潮風を感じることもできちゃいます。さらにマストからマストへは吊り橋で繋がっており、子どもたちの中には思わず足がすくんでしまう子も。
浜甲子園運動公園
加えて、帆船の周囲には砂場、滑り台、ブランコ、汽車の遊具、うんてい、トンネルなどの遊具が並び、小さなお子さんも小学生ぐらいの子どもたちも楽しめます。幅広い年齢の子どもたちを遊ばせることができる『船の公園』、二人以上のお子さんがいるご家族にもおすすめですよ!
NISHINOMIYA COMMONS編集部
西宮市民ライター
  • はてなブックマーク
  • LINE(ライン)
関連記事