苦楽園エリアの食べ歩き&ワークショップマンスリーを体験してきました!【第四弾】こはく

美味しいかき氷と共に記念撮影♪
美味しいかき氷と共に記念撮影♪

食べ歩き編・カフェ こはく

宮明里帆
アロマスプレー体験のあとは、和菓子屋こはくさんでかき氷をいただきました。
6〜9月までの限定メニューだそうで、平日にもかかわらず店内はたくさんの人!
おじいちゃんとお孫さんや、夫婦など、ひと涼みに来る方でにぎわっていました。
こはく外観
こはく外観
ひぐちのりこ
冬には、おぜんざいなどをされているのかな?と思ってお聞きしたところ、夏のみの営業だとか。どうして夏だけの営業なのですか?とお聞きしたら、
「子供が小さくて、営業できなかった!ただそれだけの理由なんです!」と笑顔で話してくださった店長さん!「そのうち、冬にも何かしたいなぁ。と思っているんです!」とのことなので「こはく」ファンの皆さん、もう少々お待ちくださいませ!!!笑

宮明里帆
さて、かき氷のメニューはおよそ10種類!黒蜜きなこ、氷わらびに氷白玉ぜんざいなど、さすがは和菓子屋さん!和を感じるメニューです。

ひぐちのりこ
私たちがいただいたのは、「氷わらび」「桃のかき氷」「宇治」の3種類。
注⽂した3種類共に、美味しい〜〜〜!!!
特に「氷わらび」は、⿊蜜きな粉に、「こはく」さんご⾃慢のわらび餅が⼊っているという、⾷感も味も最⾼の⼀品でした!こんなかき氷を⾷べたことがなかったので驚きでした。もう時期は終わってしまいましたが、来年も絶対に⾷べに⾏こう!と決めています(笑)
宇治のかき氷
宇治のかき氷
宮明里帆
ここにきてフルーツ系が食べたくなる私。メニューには載っていませんでしたが店頭に掲示してあった、桃がとても気になりました。運ばれてきたのは、もしかして自分の顔くらいの大きさがある?ような、大きなかき氷。氷の上にはあわいピンク色の桃ピューレがかかっていました。
桃のかき氷
桃のかき氷
宮明里帆
さわやかに甘くて、桃の風味は生かされつつ、ぎゅっと美味しさが凝縮されていました。店長さんによると、もともと味の薄いフルーツである桃を、どうすれば美味しい氷の蜜に出来るのか、と考えた時期もあったそう。出した答えは、「まるごと使うこと」でした。うま味を逃さないよう、芯ごと仕込むこと。桃色を生かすよう、皮ごと使うこと。そんな工夫の末に生まれた、和菓子屋さんの桃氷は、食べる人を想う優しさがにじみ出るような味でした。
氷はしゃくしゃくと軽く、ご家庭で作るざくざくとしたかき氷とはまるで別物のようです。それに、とても大きいのになぜだかこの氷はキーンときません。「かき氷なんて、水やん!」という方こそ、食べてびっくりすると思います。
氷わらび
氷わらび
宮明里帆
氷わらびは、氷の中に、どっぷりと大きなわらび餅がでんっと入っていて、まるで新感覚スイーツ。
とろけるわらび餅と、しゃくしゃくとした食感の後に溶けていく氷がこんなにも合うなんて思いませんでした!氷にも黒蜜ときな粉がかけられていて、まったりしたおいしさです。 濃厚な味わいですが、氷なので暑い日でもぺろりといけます。
でも、いくら美味しいかき氷でも、丸ごと食べきるころには口の中がキンキンに冷えてしまって、ろれつが回らない!と、恥ずかしくなってしまいますが、こはくさんでは、食べ終えると暖かいお茶を出してくださいます。お気遣いが嬉しいお店でした。

ひぐちのりこ
なんと!偶然にも市内に住んでいながら⾼校を卒業してからずっと会えてなかった幼馴染に店内で再会しました!!!いま、甲⼦園にお住まいだそうですがわざわざお⼦さんと⾷べに来られていました!本当に驚きの再会でした! おじいちゃまがお孫さんたちを連れてかき氷を楽しまれている⾵景もあり、きっとあの⼦たちにとって、夏におじいちゃんに連れて⾏ってもらった「こはく」のかき氷は⼀⽣の思い出になるんだろうなぁ。と思いました。

宮明里帆
かき氷が出ない季節でも、出るのが楽しみなお菓子が・・・
11月末から出るという、いちご大福です!
西宮の観光大使もされていた西田ひかるさんも大好物だとか。私はまだ食べたことがないので、また来ようと思います♪

ひぐちのりこ
「イチゴ⼤福」!!!時期が来たら私も買いに⾏きたいと思います!!!

宮明里帆
夏でも冬でも、ついつい立ち寄りたくなってしまう、美味しいお菓子が沢山のこはくさんでした。ありがとうございました!


ひぐちのりこ
ひぐちのりこ
西宮生まれ 西宮育ちの生粋の宮っこ。
学生の時に受けたオーディションに受かったことから放送の世界へ。
関西のラジオ局や司会など幅広く活動、
ほぼ同時に阪神淡路大震災をきっかけに西宮にラジオ局を立ち上げる活動にも参加。
さくらFMは開局当時から番組を担当し、現在もさくらFMや開門神事・お正月などの西宮神社の境内放送、
司会やナレーションなど声を使った仕事を。
国語科の教員免許、絵本講師、アマチュア無線技士(四級)の免許を持つ。
古い物、神社仏閣大好きな2児のママでもある。
宮明里帆
宮明里帆
西宮育ち。西宮東高校放送部に所属し、NHK全国高校放送コンテスト アナウンス部門で準決勝出場・入選。
高校時代に、西宮市民祭りの市民ステージで司会を務めたことも。
大学では外国人観光客を英語でガイドする団体に所属。
また、兵庫県の親善大使である、フラワープリンセスひょうご2017 グランプリに選出され、 県の公式行事で司会やアシスタントを務める。
さくらFM 夜桜一々(第三水曜日)担当。


NISHINOMIYA COMMONS編集部
  • はてなブックマーク
  • LINE(ライン)
関連記事