"人形操り発祥の地・西宮"で今年も開催!
親子で楽しめる「西宮人形劇まつり」

昨年の「西宮人形劇まつり」の様子
昨年の「西宮人形劇まつり」の様子

人形劇の世界に心躍らせる2日間!


6月16日(土曜)、24日(日曜)に、年に一度の「西宮人形劇まつり」が開催されます。
このイベントは、プロの劇団も含め、市内外から多くの人形劇が一堂に会し、毎年、子どもから大人まで、大勢の人で賑わいます。
イベントの様子

イベントの様子

イベントの様子
人形たちの可愛らしい動きや迫真の演技に引きつけられます!

西宮は「人形操り発祥の地」!


実は、人形劇と西宮には深い縁があります。
室町時代頃から、西宮神社の近くには「傀儡子(くぐつし)」と呼ばれる人形遣いが多く住んでいました。彼らの操り人形が、後の人形浄瑠璃や文楽に発展したことから、西宮は「人形操り発祥の地」と言われています。

イベントの様子

さまざまな劇団の作品を一度に楽しめる


今年は、6月16日(土曜)の朝10時に西宮神社で行われるオープニングセレモニーからスタート。
午後は、塩瀬公民館や大谷記念美術館講堂など市内8会場で開催されます。

24日(日曜)は、アクタ西宮に、プロ・アマ含め16団体が集結。
1日でさまざまな人形劇を楽しむことができます。

2018パンフレットの表
2018パンフレットの裏
2018年の「西宮人形劇まつり」のパンフレット(PDFはこちらから


なお、プロの公演は有料(小学生以上/1公演300円)で、朝10時00分からチケット販売開始。
アマ公演は無料ですが、先着順となります。
お目当ての公演がある方は、どうぞお早めに!

紙芝居やワークショップも! 親子で1日遊べるイベント


24日(日曜)のアクタ西宮では、人形劇だけではなく、紙芝居やおはなし会も開催。さらに、フェイスペインティングやお手玉体験、かざぐるま作りなども楽しめます。また、西宮市観光キャラクター"みやたん"も登場し、会場を盛り上げます!

朝から大賑わいの中央会場
朝から大賑わいのアクタ西宮


人気のフェイスペインティング
人気のフェイスペインティング

かざぐるま作りのワークショップ
かざぐるま作りのワークショップ

みやたんも登場!
みやたんも登場!

伝統ある西宮の人形劇を気軽に楽しめるイベント。
ぜひ親子で足を運んでみてはいかがでしょうか。


NISHINOMIYA COMMONS編集部
  • はてなブックマーク
  • LINE(ライン)
関連記事