夏至の夜をキャンドルの灯りが彩る
「苦楽園・夙川キャンドルナイト」開催

キャンドルのあたたかな灯りが街を包みます
キャンドルのあたたかな灯りが街を包みます

夏至の夜はキャンドルの灯りで幻想的なひとときを


6月23日(土)、夙川公園周辺で「苦楽園・夙川キャンドルナイト」が開催されます。

「キャンドルナイト」とは、電気を消して、キャンドルの灯りの中でゆっくりと時間を過ごそう、という取り組みで、エコや省エネといった目的を掲げて行われることも。
日本でも、2003年から環境省が地球温暖化防止のために「Co2 削減/ライトダウンキャンペーン」を設定し、毎年夏至の時期には、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼びかけています。

苦楽園・夙川エリアでは、2009年から年に2回、夏至と冬至の夜に「キャンドルナイト」を開催しています。

今回のテーマは"みんなでつくるキャンドルナイト"


開催時間は、18:00〜21:00まで。メイン会場の夙川公園を中心に、街のあちこちにキャンドルが灯り、幻想的な風景が広がります。
周辺の店舗では、キャンドルの灯りの中でゆったりと食事を楽しめたり、この夜だけのスペシャルメニューが用意されていたりと、いつもと違った雰囲気の中で、"特別な夜"を過ごすことができます。

多彩な作品を楽しめます

「苦楽園・夙川キャンドルナイト」のリーフレット
「苦楽園・夙川キャンドルナイト」のリーフレット(PDFはこちらから


メイン会場では、こどもコンサートも開催。かわいい歌声とキャンドルの優しい光が、ほっこりとした気分にさせてくれます。また、西宮市観光キャラクター"みやたん"も応援に駆けつけてくれます!

「みやたん」も子どもたちの応援に!
「みやたん」もこどもたちの応援に!

また、今回は、家庭などで不要になった空きビンをメイン会場の夙川公園やキャンドルを灯している店舗に持っていくと、その場で空きビンにキャンドルを入れて、設置することができます。
見るだけではなく、自分のビンが街を彩る光の一部になったら、より思い出に残りますね。
ビンに絵を描いたり、願い事を書いたりして参加するのもおすすめです。

夏至の夜は、ぜひ空きビンを持って苦楽園・夙川エリアへ。
参加者みんなでつくり上げる、あたたかな光の景色を見に来てください。


心を癒す、キャンドルの光
心を癒す、キャンドルの光


NISHINOMIYA COMMONS編集部
  • はてなブックマーク
  • LINE(ライン)
関連記事