さくらFM・パーソナリティが行く!
さくらやまなみバスで行ける、優しさが詰まった洋菓子店「ぴゅあ樹 光」

洋菓子店「ぴゅあ樹 光」
木のぬくもりを感じられる空間で、こだわりのスイーツやランチを楽しめます!

さくらやまなみバスに乗って山口町へ

こんにちは。さくらFMパーソナリティの松本真規子です。
今回は私が、西宮に住んでいながらゆっくりと行ったことのなかった北部地域へ、一日ぶらり旅をしてきました! 思ったより近くて、自然に触れられる山口町の魅力をご紹介します。

さくらやまなみバスへはJR西宮駅前から乗車しました。
ぴゅあ樹光01
さくらやまなみバスに乗車!
さくらやまなみバスは2009年4月からスタートした西宮の南部地域と山口町・有馬温泉を結ぶバスです。このバスが走ったことで、公共交通機関で西宮の南北地域が乗り換えなしの直通、1時間程度でつながるようになりました。
ぴゅあ樹光02
自然の風景を楽しみながら山口へ
街から自然の風景へ、ゆったりと流れる車窓も楽しみの一つ!
ぴゅあ樹光03
白い車体に桜を思わせるピンクや緑の柄が目印
ゆっくりと山道を登っていき、到着したのは丸山貯水池。金仙寺湖(きんせんじこ)とも呼ばれています。
ぴゅあ樹光04
春には桜が綺麗な場所です
地図を見ながら、ぶらり歩きのスタートです! ちなみに、こちらの地図「さくらやまなみバスで行くやすらぎの奥西宮・山口町ぶらあるきマップ」は西宮市のホームページからもダウンロードできますよ♪(ダウンロードはこちらから)
ぴゅあ樹光05
マップは市役所などでも入手できます!
名前どおりのまんまるなお山"丸山"を背に界隈を散歩。
ぴゅあ樹光06
ぴゅあ樹光07
私が訪れた日は、きりりとした冬空の下、太陽の光も感じることができとても気持ちよい一日でした。春にはコバノミツバツツジ、秋には紅葉が楽しめる場所です。

すぐ近くには丸山稲荷神社と金仙寺観音堂。
かつては山頂に丸山城があり、その鎮守として祀られたのが初めだそうです。現在は豊年満作・地域産業発展の守護神としてあがめられています。
ぴゅあ樹光08
金仙寺観音堂でお参り
現在は無人の観音堂。近隣の皆さんがお守りされています。
すぐ横に小さな公園があるのですが、この日、野生と思われるキジを目撃しました!一瞬の出来事でしたが、とてもきれいな羽の色で、まるで夢の中のような......。
街とは違う空気と静寂さにつつまれていました。
ぴゅあ樹光09

地元の食材を使ったランチと絶品スイーツを堪能!

そして旅の楽しみで忘れてはいけないのが、グルメ!
おなかがすいたので上山口にある「ぴゅあ樹(バーム)光」へ。
ぴゅあ樹光10
ぴゅあ樹光11
可愛らしい木の看板!
こちらのお店、以前は青木町にあったのですが、実は私、その頃からこちらのバームクーヘンのファンなんです!
昨年山口町に移転し、ランチも始められたと聞き訪ねてみました。
ぴゅあ樹光12
ぴゅあ樹光13
入った瞬間ため息がもれるようなこだわりぬかれた店内で、早速ランチをいただきます。
ぴゅあ樹光14
ぴゅあ樹光15
野菜たっぷりのランチメニュー
ランチメニューは月替わりで月・火・水曜日限定。
この日いただいたのは、「手作り豆腐といろいろ野菜の"光ランチ"」です。
野菜プリンに、天然にがりとこだわり豆乳から作る手作り豆腐、地元の無農薬野菜を中心にして作る副菜、一口メインと無農薬米の16穀ごはん、具たくさんのお味噌汁。
お野菜たっぷりヘルシーなメニュー。体が喜ぶのがわかります!
食材は、できるだけ地元のものを心がけているそうです。このメニューでは西宮産の大根・白菜・ゆず味噌が使われていました。
デザートと飲み物も付きます!
ぴゅあ樹光16
嬉しいデザート付き!
また、ファンの多い看板メニュー!? 「樹まぐれ ばぁむパフェ ぴゅあパフェ」もいただきましたよ!
他にも、いろんなフレーバーが楽しめる限定パフェもおすすめです。
ぴゅあ樹光17
バームクーヘンで作った手作りパフェ!

大人も子どもも楽しめる空間を

こんな素敵なお店をどのような思いで開かれたのか、オーナーの安田桃江さんにお話をうかがいました。
ぴゅあ樹光18
オーナーの安田さん(写真右)
「ぴゅあ樹 光」といえば、米粉で作った無添加バームクーヘンです。
山田錦や丹波の卵、大山バターなどこだわりの素材で作られています。
ぴゅあ樹光19
こだわりのバームクーヘン
もともとカフェを開きたいと思いながらも、何から始めていいかわからず様々な仕事にトライしていたと言う安田さん。バームクーヘンを作ろうと思ったのは、自然豊かな奈良の天川村で働いている時だったそうです。木の年輪を見ていて、ふと「こんな自然なものを作りたい」と思ったそう。
ぴゅあ樹光20
「のんびりして空気がおいしい、自然の中にいるのが好き」と言う安田さん
2006年に生まれ育った夙川で、テイクアウト専門店としてオープン。2009年青木町に移転し、夢だったカフェをスタートされました。
その後、「大人が楽しめる空間」「子どもが楽しめる空間」など一つのお店でいろんな楽しみ方ができる一軒家のお店をやりたいと、2018年に山口町に移転。
ぴゅあ樹光21
ぴゅあ樹光22
森の中を思わせるような店内
安田さんは「自分ではそんなにこだわっているつもりはないんですよ」と笑顔でおっしゃいますが、いえいえ、オーナーのこだわりはお店に一歩足を踏み入れた時から感じます!
そして試行錯誤しながら夢を追いかけるオーナーが作るバームクーヘンやランチには「安心・安全に手作りの味を食べてほしい」「楽しみながら食べてほしい」という想いややさしさが詰まっています。
お店の名前どおりの「ぴゅあ」な「樹(バーム)」を食べに行ってみてくださいね!
ぴゅあ樹光23
山もあって海もあって街もある。そんな西宮が私は大好きです!
今回初めてゆっくりと北部地域を散策しましたが、季節ごとに訪れてみたくなりました。みなさんもぜひ、便利なさくらやまなみバスを使って一日ぶらり旅、してみてくださいね。

松本真規子さん
松本真規子
MC・タレントとして活動後、出産を経て地元・西宮のさくらFMでラジオパーソナリティデビュー。同時に「香りでもっと、人は幸せになれる」をコンセプトに、ポジティブアロマ・チアーズ!を起業。阪神間でアロマテラピー講座、空間演出、アロマカウンセリングなどを行っている。西宮起業家連携コミュニティみやこむ副代表。小学1年生女児の母。趣味は旅行、読書、映画鑑賞。さくらFMでは毎週木曜10時〜「SakuっとLa・ら・Ra西宮木曜日」毎週金曜11時30分〜「ユニクロインフォメーション」を担当中。
NISHINOMIYA COMMONS編集部
さくらFM
  • はてなブックマーク
  • LINE(ライン)
関連記事